カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺162】 赤湯からみそラーメン 龍上海 本店 (明星食品)

年末の夜・・・一人自宅でダンディーカップ麺をすする
 最近、夜のデスクワークが減った分、お夜食カップ麺の機会が減りましたが、決して仕事が楽になったわけではありませんー。サテライトオフィス・・・・もしくはカフェでのモバイルワークに変換されてるだけです。でも妙に、カップ麺を夜にチマチマと啜り食う哀愁が恋しくて、嫁はんが忘年会に不在の夜自宅で、久しぶりに食いました。嫁はんは宴会!オレはカップ麺!!このギャップにむしろ燃えるのではなく萌えますな。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202745j:plain

 

 
山形の地元ラーメンの世界も奥深い!そんな一杯の再現!
 
 たまたまセブンイレブンに立ち寄ったもので、そのプライベート商品に当たる「SEVEN&i PREMIUM」。龍上海 本店 赤湯からみそラーメンでございます。山形県も、新潟県に匹敵する・・・・地ラーメンがありますよね。冷たいラーメンは東京では定着してますし、今年の夏は猛暑ゆえ頻繁に食いました。また山形辛味噌ラーメンは存じておりましたが、ケンちゃんラーメンなども最近知った次第。奥が深いね。そんな中、この店は知りませんでして・・・オレもラヲタとしてはまだまだです。赤湯と聞いて、赤いスープかと思ったら、地名だったのか!。
 
f:id:TOMASSOON:20181225202749j:plain
f:id:TOMASSOON:20181225202804j:plain
 


 上蓋に貼り付いている後入れ香味油の小袋。わかりやすいーーー「特製からみそ」と明記されてます。こう言うシンプルな心配りがいいね。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202746j:plain

 

 
乾燥状態のトッピング具材が妙に迫力あるのだ!
 
 上蓋を剥がすと、メインのスープは粉末状態になってすでに投入済み。そして、乾燥肉と乾燥メンマで主に構成されるトッピングが多めで実にいい感じ。特に肉感がいい。謎肉の不気味さもカップ麺としては捨てがたいが、
このようにブロック肉をできる限り再現しようとした心意気は評価したい!。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202748j:plain

 

 乾燥状態でも、後のうまさがわかる・・・・って気がしませんか?
 

f:id:TOMASSOON:20181225202747j:plain



 
 
茹で上がりの麺顔はもっと迫力あったのだ!フツーに具材が多くて嬉しい!
 
 こちらは「お湯入れ5分待ち」タイプです。待てば海路の日和あり・・・「5分待ちのカップ麺はうまい」。これが私なりの経験です。たとえ即席目指したカップ麺であろうと、うまいものには時間をかけるべきだと思うのよね。うだうだ考えて自問自答しているうちに、5分が経過してしまう。上蓋剥がした即座の顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202805j:plain

 

 おおお!実に具沢山な迫力あって、これはすごいぞ!「SEVEN&i PREMIUM」。メンマだってちゃんと再現復活した風貌だし、味わいと歯ごたえもなかなかではないか。また肉もカップ麺としてはかなりゴツゴツして大きさを感じるタイプでいい!。さらにさらに・・・・ナルトがとても小さいけど4つもあるぜ!。
 
f:id:TOMASSOON:20181225202806j:plain
f:id:TOMASSOON:20181225202807j:plain
 


 
優しいようでパンチのあるスープ感!辛味噌とニンニクを受け入れるスープの甘さも魅力
 
 ここに、後入れの「からみそ」を搾りいれる。おお!思ったよりもパッション感じる鮮烈な赤!。唐辛子のパンチを如実に感じますね。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202808j:plain

 

 後入れ薬味に敬意を表したあとは、箸でまぜまぜ・・・。するといきなりライト系な味噌ラーメンの風景が一気に始まる!。どんな味だろう?からみそって言うから、パンチ効かせるタイプと思ってたら実は真逆で「優しい辛さ」ではないか。味噌系のスープがまず優しい。甘味のある感じで、塩気よりも麹の円やかさでもアピールした顔ような優しい展開。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202819j:plain

 その一方で、意外にニンニクがきついのだった!。おおお・・・これ会社で食ってたらちょっと人目を感じたかも。そんなにジリジリとくるわけじゃないし、生ニンニクでもないはずなんだが、辛味噌と混じるとパワーが生まれるのか?それなりのパワーですよ。むしろだから旨いんだが、後から家に帰ってきた嫁はんに、ちょっと驚かれたりする・・・・家狭いからね・・・。
 
 
 
太めのフライ麺!そして5分待ちタイプはハズレがない!
 
 麺は完璧でした!。自宅でしっかりと熱湯温度を確認して、そしてきっちり余裕を持って時間測ったから、スペック的には最高の出来栄えだったはず。フライ麺のすごさを改めて知りました。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202820j:plain

 
 ツルツルっとしているし、平打ち麺のニュアンスがとてもよく再現されていた!。微妙なボコボコ感、柔らかい歯ごたえと汁を吸い込みがちな性格。すすりあげる内頬の感触と、淡い喉越しなど・・・素晴らしい!。
 

f:id:TOMASSOON:20181225202821j:plain

 

 
 
これだけの食いごたえと、スープのしっかり感覚あって、なんと全部で400k calを軽く下回る
 
 ・・・のでありました!。これはいいね!。さすが「SEVEN&i PREMIUM」。しばらく目が外せません。ともあれ明星食品さんの開発と企画力、そして実行力にも感服!。本当にごちそうさまでした!。これからも応援しますね!。
 

 

めん 龍上海 赤湯からみそラ-メン 3食

めん 龍上海 赤湯からみそラ-メン 3食"