カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺169】 気むずかし屋 × 博多新風 夢のWコラボ!焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨(東洋水産)

長野と博多の名店同士がタッグを組んだ渾身のカップ麺!
 面白いコラボカップ麺があったので少し迷ったけど購入。「ニンニク香る」ってところが、オフィスで食うにはちょっと考えさせるのでね・・・・だったらコンビニのイートインで食えばイイやと切り替えました。長野の名店「気むずかし屋」と博多の名店「博多新風」とのコラボレーション。その経緯は見当もつきませんが、気むずかし屋のご店主「塚田氏」はBOND OF HARTSグループの代表だから、存じ上げております。しかも、私の持論ですが・・・・『カップ麺で豚骨系にハズレなし』とこれまでの経験上で思っているわけで、これは旨いに違いないと、理由なく確信しておりました。
 

f:id:TOMASSOON:20190123192814j:plain

 

 それにしても、カップの表層を飾る店主の腕組みポーズがかっこいいね。ところで先日、ウチの会社で単なるメールやりとりじゃつまらないから、本人アカウントに顔写真アイコンを登録しようと相成りました。これはイイぞと私はラーメン店主を真似して腕組み写真を真似してアップしたところ・・・・大ボスから貴重なご意見いただきまして(汗)慌てて差し替えました(爆)。
 
f:id:TOMASSOON:20190123192819j:plain
f:id:TOMASSOON:20190123192820j:plain
 



 

 
名店タッグだけじゃなく「黒マー湯豚骨」と「濃厚鶏白湯」の掛け算トライアル!
 
 しかしこれは買ってから感じたが・・・実に面白い。「黒マー湯豚骨」と「濃厚鶏白湯」の掛け算。実際なら豚骨と鶏のコラーゲンがぶつかり合って、とろとろ濃厚になりそうです。濃厚コラーゲンの調整次第でしっくり来る旨さになると思いますが、ここに「黒マー油」が加わるとなると爆裂に旨そう。深夜に食ってはいけない危険な香りすら覚えます。これをサラッと体験できるのが、カップ麺のいいところ!上蓋をペリペリとめくり上げると・・・・乾燥状態の肉!きくらげ!フライ麺!・・・そして粉末スープがコペコペと麺の隙間を埋め尽くして平らかです。
 

f:id:TOMASSOON:20190123192818j:plain

 

 ここで一気に熱湯を注ぐのだ!たまたま入ったコンビニですが、お湯温度は98度というナイスな設定!。2分指定の短いタイミングをしっかり計った麺顔はこんな感じ!。おおお!!!すでに旨そうです!!!
 

f:id:TOMASSOON:20190123192821j:plain

 

 ここに後入れ小袋を投入。どうせ「マー油でしょ!」と思ってたけど半分当たり。後の半分はラードの様な豚骨エキスの塊であった!
 
f:id:TOMASSOON:20190123192815j:plain
f:id:TOMASSOON:20190123192823j:plain
 

 

 ゆっくりと後入れ「特製油」が溶けてゆく・・・想像以上に旨そう!
 

f:id:TOMASSOON:20190123192824j:plain

 

 これは旨いです!。ストック買いを激しくオススメ。ベーススープは粉末化されておりますが、鶏白湯のくどさはなく、カップ麺らしい塩気旨味に「こってり感」が結びついてイイ仕上がりです。そこに後入れの「特製油」が実にイイ仕事をしており、脂感覚をしっかりとアピールし「甘み」と「旨味」をアピール。マー油エキスが実に全体をコーディネートしており、化学調味料的な尖を全て受け止めて丸みを与え、本物らしく「マー油の香ばしさ」をしっかりと再現してますよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20190123192826j:plain



 
熱湯2分のフライ麺!これが実は伸びやすそうで・・・なかなか伸びにくい優れもの!
 
 2分という設定は・・・「伸びやすさ」をイメージさせますかね。古い昭和の人間には、「クイック・ワン」というカップ麺を覚えているかも。茹で上げ1分という画期的なカップ麺が昔は存在していて、沢田研二がTVCMしてたんです。子供心に嬉しくて、おやつ代で買って食ったが・・・すぐにフニャフニャな麺になったのが猛烈に覚えている。それがだね・・・・時代の進化というのは凄いことで、この2分の麺が、実に最後までクッキリとして旨いのだ。「湯戻し」と「湯伸び」という背反する条件を見事克服か!。
 

f:id:TOMASSOON:20190123192827j:plain

 

 感心したのは「角が立っている」ところと「風味感が最後までキープ」というところ。まだ完璧に湯戻り仕切ってないだけじゃね?と訝しむ方がおられるかも。だが・・・・平成最後の冬に登場したカップ用フライ麺は進化をしておるのだった!。嗚呼・・・日本のインスタント・カップ麺は最高だぜ!
 

f:id:TOMASSOON:20190123192828j:plain

 

 
イイ意味で歯応えが楽しめるトッピング達であった!
 
 スープも、麺も、良かったけれど、具材の方も努力と進化の跡がありました。九州系に全体的に寄せているので、キクラゲと肉という設定。きくらげも再現力が高く、コリコリとした食感が最後までキープ。また肉はあえて歯ごたえありにしている感じ。謎肉の様なミンチ系にしなかったのがイイね。多少硬さが残っても、肉イメージをアピールする方がオレは好き!。
 

f:id:TOMASSOON:20190123192825j:plain

 

 そんな感じで一気に完食。多少舐めてたら・・・うまさ爆裂。それにしても東洋水産さん・・・イイ仕事してますよ。地味だけど(すみません)。私はしっかりと受け止めさせてもらってます。きっとこんなフェチは他にもたくさんいると思います。引き続きニッチでクールなカップ麺を激しく期待!今日もごちそうさまでした!。応援してます!。