カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺176】 豚骨ラーメンコラボ企画 焼豚ラーメン×九星ラーメン 監修(サンポー食品)

地元九州愛が伝わる豚骨企画カップ麺!
 同じローソンでも店舗によりカップ麺への力の入れ具合が違っているようで、今回は初めて見る食品メーカーの一品を見つけました。それは「サンポー食品」さん。九州なら「味のマルタイ」はよく知っているんだが、こちらは佐賀県の会社らしくて初耳。面白そうだから速攻で購入し、イートインで実食敢行ですー。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183048j:plain

 

 面白いのはコラボ企画。焼豚ラーメン×九星ラーメン・・・と言われても、どちらも存じ上げずすみません。なにせラーメンヲタクを自認してても、九州にはまだ一度も足を踏み入れておらずでして、半端なオレです。早速に食べログで調べたところ、九星さんは久留米の名店なんだそう。創業昭和33年の老舗でございます。
 
f:id:TOMASSOON:20190207183049j:plain
f:id:TOMASSOON:20190207183050j:plain
 


 
粉末スープは先入れであった!ご注意を!!
 
 ぺりぺりといつものように上蓋を剥がすと、4つも小袋が出てきました。海苔とチャーシュー、そして粉末スープと後入れ調味油。よくあるパターン。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183051j:plain



 そして麺の方はというと、比較的麺量が多めの細いフライ麺です。インスタントですから縮れていますが、ストレートイメージをなんとなく感じさせます。熱湯3分タイプ。極細系のイメージとは少し違うみたいです。
 

f:id:TOMASSOON:20190207192051j:plain



 さて注意したいのは、粉末スープが小袋に分けられてましたので、てっきり後入れタイプと思ってたら、先に粉末スープを乾燥肉もろとも投入してから、熱湯を注ぐのでありました。迂闊にも慌てて後あら粉末スープを投入しましたが、幸いなことに、熱湯を投入した直後に入れましたので、何とかなったのではと感じてます。そんな多少あたふたした3分後のカップ麺の姿はこんな感じでした。もうこのまま直ぐに食えそうな完成度を感じます。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183052j:plain

 

 
 
なかなか本格豚骨を香らせる粉末スープ!後入れ香味油が実にまろやかな仕上げ!
 
 乾燥チャーシューもなかなかふっくらとした仕上がりになっとります。そしてスープは豚骨の雰囲気を香りでアピールしておりまして、少し本格派な豚骨香も感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20190207192244j:plain

 

 そこに後入れ香味油を投入。ココにニンニクがあったらかなりキツイかとビビりましたが、ラードに調味系のコクがプラスされたものでした。
 

f:id:TOMASSOON:20190207192249j:plain

 

 程よくかき混ぜて、最後に海苔を飾って完成!多少のピンボケあってご愛嬌ですが、なかなか旨そうではありませんか!
 

f:id:TOMASSOON:20190207183054j:plain



 早速スープですが、お湯の量を少し入れすぎたのかもしれませんが(汗)、久留米系にしてはマイルドかつさっぱりとした印象で塩気も穏やか。ナチュラルに自分好みの味わいになってしまったのか、これがとてもイケる!。最初の段階で、このスープは飲み干そうと決めました。豚骨が出汁のようにサラサラしてて、フツー以上にうまい。また、後入れの香味油が結構仕事をしており、脂ギッシュな演出と、まろやかなあ動物系のコクを肉厚に伝えます。これによりググンと食べ応えアップ感があり、満足度が高まる!。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183055j:plain

 




 
九州系イメージのストレート低加水細麺イメージのフライ麺!多少肉厚でいいね!
 
 スープがしっかりしてて、それを受け止める麺もバランスよしでした。極細系でないのが功を奏してます。豚骨と言うと博多系の極細イメージをしてしまいがちですが、もっちりした感じも薄っすらとあるのも悪くない。香味油も麺の表面をコーティングしているようにも見えて、つやつやとしてます。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183056j:plain

 

 多少の縮れでもってズボボボボボっとすすりあげると、心地よいタッチ感がまたいいね。海苔をうまく利用して、麺を巻いて噛みつき食らいましたが、これが美味かった。インスタントカップの付属としてバカにしたものではありませんな。正直見直しました。麺に海苔ってすごく合うのをカップ麺で実感!。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183057j:plain



 
ねぎ少なめイメージだが・・・乾燥チャーシューが好印象であった!
 
 これ以上言うと贅沢でバチが当たりそうですが、後少し青ネギ感があれば言うことなしだったかと・・・。乾燥肉の湯戻しチャーシューは、期待していなかったのもあって、仕上がりにフカフカ感があって好印象だったしね。とは言え、海苔がカバーしているから良いか!。
 

f:id:TOMASSOON:20190207183053j:plain

 

 この質感とボリューム感で200円(税込216円)はお得感ありですな。惜しむらくは・・・ストック買いしようにも最後の1つだったので、最後は寂しい思いをいたしました。とは言え初めてのサンポー食品さんのカップ麺は実に好印象。東京では滅多にお目にかからないかと思いますが、見つけたら必ずゲットいたしましょう!。今日は本当にごちそうさまでした!。東京オフィスもあるそうで・・・サンポー!東京でも頑張れ!!。期待してまっせ!!!
 

 

サンポー食品 焼豚ラーメン 94g×12個

サンポー食品 焼豚ラーメン 94g×12個

 
サンポー食品 高菜ラーメン 103g×12個

サンポー食品 高菜ラーメン 103g×12個

 
サンポー 焼豚ラーメン 九州とんこつ味 2ケース(24食)

サンポー 焼豚ラーメン 九州とんこつ味 2ケース(24食)

 
サンポー食品 棒状 熊本とんこつラーメン 169gx30個

サンポー食品 棒状 熊本とんこつラーメン 169gx30個

 
ごぼう天うどん×12個

ごぼう天うどん×12個