カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺139】 サッポロ一番 名店の味 井出商店 和歌山濃厚豚骨醤油 (サンヨー食品)

 和歌山ラーメンって、あまり親しみがないと思いますが、それもそのはず。関西に住んでいても、なかなか意識して食ってなかったと言う記憶です。私の関西転勤時代には、和歌山に足を運んだことがないのですが、大阪よりはどちらかと言うと神戸の方が、その系統の店が多かったっけ。今回たまたま、上期末の決算関連で残業してたお夜食に、コンビニで見つけてイートインで速攻で実食してまいりました。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195030j:plain

 

 やはり「和歌山ラーメン」と言えば、「豚骨醤油」味。そしてその名店と言えば「井出商店」。このカップ麺では「濃厚」と表現されてますが、現代ラーメンの濃厚さと比べればやや常識的なレベルです。
 
f:id:TOMASSOON:20180926195031j:plain
f:id:TOMASSOON:20180926195032j:plain


 ペリペリと上蓋を剥がすと、おやおや・・・税込216円ラインとしては、うまそうな麺。ノンフライ麺ですな!。期待が高まります。そして何より白さと太さ、そしてやや平べったい形状が、妙に旨そうに思わせます。
 

f:id:TOMASSOON:20180926203047j:plain

 

 そしてスープはダブルスープ。液体と粉末。どちらも後入れタイプ。おそらく醤油と豚骨エキスは液体の方?。では粉末は何?。ともあれそれは後の種明かしとして、楽しみにしておきましょう。そして「かやく」はいつもの見飽きた乾燥形成肉。相変わらず薄いね(爆)。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195033j:plain



 「熱湯4分」のお約束をしっかり守って行こう!。麺はカタメが好きなんですが、サンヨー食品さんの研究開発担当のご指定をしっかり計った、茹で上がりの麺顔は、こんな感じ。おおお!このまま塩ラーメンとして食えるならそうしたいほど、雑多な中に美しさを感じる麺顔ではありませんか!。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195047j:plain

 

 ドバドバ!サラサラ!とスープの袋を開けて垂ら仕込む。実は熱湯に投入した途端に、あの豚骨独特の風合いがふわっと微妙に上がります。そして気になってた粉末スープは、豚骨系の味わいみたい。指に付いたのを舐めるとわかった。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195048j:plain



 かき混ぜると出来上がり!。おおお!独特なスープカラー。思い出しましたよ、和歌山系って一般的な豚骨醤油よりは、明るい茶色をした感じなんです。また花形のトッピングもその特徴を表しており、私が通った和歌山系の店は「梅」紋切りのような形が印象的でした。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195049j:plain

 

 さてスープの味わい。これが・・・語弊があるかもしれませんが、まるで味噌味にフィーリングが近い、濃厚スープです。豚骨の味は確かにするし、塩気には醤油の輪郭があるのだが、妙にまったりとした旨味が広がる。店によっては魚介のエキスも少し溶けているようだが、そんな先入観が個人的にあるためか。はたまた、スープカラーが妙に味噌ラーメンっぽいからか、東京でよくある「豚骨醤油」とは別物です。なので関東の方なら、斬新に映るかも。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195050j:plain



 思った通りに、麺がうまい!妙にうまい!すごくうまい!。縮れはほぼ無くてほぼストレート麺。クシクシと感じる歯ごたえもあったし、何よりスープに負けない風味の良さすら感じました。色々とノンフライ麺を食してきたけど、食べ応えがこんなに良いのは、初めてなのかも??。替え玉があったとしたら対応したいほどのインスタントカップ麺。
 

f:id:TOMASSOON:20180926195051j:plain

 

 トッピングと薬味はほぼ無視して麺とスープの絡みだけに集中し、堪能いたしました。正直なめてかかって買ったけど、ちょっと感心したかも。さすがサンヨー食品さん!やるね!。
 
 
 さて余談ですが、関東大震災3.11の日は、関西転勤中のオレは、たまたま東京本社に出張してました。地震発生して、これはただ事ではないぞとびびったけど、本能的にすぐに品川駅に歩いて直行し、たまたま数本運行した新幹線に飛び乗って大阪へ戻る。そこから上司と相談して、食物物資として「カップ麺」を、大阪のスーパーで買い漁ってダンボールに詰めて送ったのを、いまでも思い出します。荷物を送り終わった後、空腹にへたり込んで食ったのが、近くにあった店で食ったのが、和歌山ラーメン。今回は、そんな「カップ麺」と「和歌山ラーメン」の組み合わせで、ちょっと切ない味がしましたー。
 
 
 ともあれごちそうさま!。今のありがたさも噛み締めました。