カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺121】 中華蕎麦 とみ田 監修 豚骨魚介まぜそば (明星食品)

セブンイレブンの「まぜそば企画」を早速試してみた〜>
 
 夜食買い出しにセブンイレブンまで出かけます。すると見慣れないカップ焼そばがあるな〜と思って見ていたら、何と「中華蕎麦 とみ田 監修」のまぜそばではありませんか!!。実際にはないメニューの筈ですが、色々セブンイレブンも仕掛けてきますね。因みに、一風堂まぜそばもいっしょに並んでおりました。早速購入して会議室にこもり、こそっと食べてしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183401j:plain

 
 
 しかし私も迂闊でして、まぜそばだとお湯を捨てにもう一度給湯室に行かねばならず、そこで同僚にしっかりと見つかってしまいました(ノД`)。「●●●さんも本当に変わってますねぇ〜」と目を細めて言われてしまいましたわ・・・・。
 
  
 まぁ見つかったからには、これで落ち着いて食えるのだ。それでは振り返って・・・まずはいつものように、上蓋の剥がしですが、小袋が3つ。一つは、乾燥かやく。もう見慣れたパーツ達です。乾燥肉は小さめで、短いメンマとナルト。少しばかりの薬味ネギ。そして液体ソース本体と、仕上げの後入れふりかけです。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183403j:plain

 
 
 麺は極太をイメージしたもの。130gとありますが、もちろん仕上がった状態をさしています。太いので茹で置き5分を必要とします。確かにいつも食ってるものより、ボリュームは感はある。これだけで期待が高まる〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183402j:plain

 
 
 そして5分後、お湯を捨てた湯上り風貌はこんな感じ。ちゃんと時間守ったので、ふわふわ感がしっかりと見て取れます。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183404j:plain

 
  
 そしていよいよ、味付け本体の液体スープを投入しますが、豚骨魚介ソースなので、少しばかりいつもとは、見た目が違います。麺の隙間に入り込んだので、写真では分かりにくいが、結構灰色がかった茶褐色で、とても変わっている。これを麺ごと混ぜ合わせたりしていると、普通の豚骨魚介っぽい色合いに、だんだんと見えてきます。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183405j:plain

 
 
 適当に混ぜ合わせたところで、最後にふりかけを投入。乾燥ネギと・・・・おそらく魚粉のイメージのふりかけです。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183431j:plain

 
 
 もうここからは無心で食らいつくのみです。ゴワゴワな太麺に、魚粉っぽいふりかけが絡み合うのが壮観!。一気に大きくリフトして、口へと運び咀嚼を開始。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183446j:plain

 
 
 おおおお!これは、まさしく濃厚豚骨魚介感覚を感じます。この「豚骨魚介系」の汁なし系ってあまり巷では見かけない。私の知るところで、しかもお気に入りといえば、「青梅街道 杉並 大勝軒」ぐらいなもの何ですが、ここではおろしニンニクを入れるのが必定でして、それが実にうまい。それを彷彿とするように、実は微妙にニンニクのようなフレーバーが広がり、これが実に食欲をそそります。こうなれば、缶ビールが欲しくなりますが・・・・それを会議室でやってしまえば、築き上げた信用を失ってしまう(大した信用ではないが)。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183432j:plain

 
 
 当然、豚骨魚介の濃厚なコクと甘みが広がるが、ニンニク以外にもピリ辛とした刺激をかすかに感じます。一味か唐辛子の欠けらが入っているのか???・・・と見て探したがそれと分かるものが見当たらない。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183430j:plain

 
 
 
 そしてやはり、極太イメージの麺はアタリです!。混ぜそばの再現にかなりの説得力を持ち合わせており、これは実際に、本物として限定で再現してもらえないかと思えてしまう。イベント企画出店でもいいから、本物のとみ田のまぜそばを再現して欲しいなぁ〜(誰に言ってるのか)。
 

f:id:TOMASSOON:20180620183447j:plain

 
 
 最後は、角型の器の一つの角に、残った具材と麺と残りダレを集めて・・・一気に口の中へ投入。ここでようやく、乾燥湯戻しチャーシューとメンマの存在を明らかに知ることになります(笑:麺とタレに集中し過ぎてて・・・・)。
 
 
 結論的には、「これは旨い」っすよ。買い!なカップ麺です。ただ、カップ麺の汁なし系・油そばは、通常よりカロリーが高めなので、これを食う頻度を上げると皮下脂肪が成長しそうですのでご注意を。とは言いつつ・・・・食った後、残業非常食代わりに、3つ買い足しました(爆)。
 
 
 と言うことで、セブンイレブン明星食品さんには感謝!
 
 ところで先日、フラフラと「麺屋 さくら井」の周辺を自転車を転がしていると、明星食品さんの研究所を発見しましたよ!。ひょっとして、このカップ麺もそこで開発したのかな!?。ともあれごちそうさまでした!。また、新たな企画を期待してます!。