カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺133】 IPPUDO from Thailand トムヤムクン豚骨 (日清食品)

<ラーメン界・カップ麺業界・小売流通・・・最強スリータッグでゴリ推しな商品開発!?>
 
 こんなゴージャスなコラボ企画はありますまい。まさに各界勝ち組企業が繰り出すカップ麺ですな。これは、早速見つけたからには、食わずにはおれません。もともと、カップヌードルで「トムヤムクン」系は開発済みな日清食品さんですから、味わいに不安感はありません。
 

f:id:TOMASSOON:20180727194821j:plain

 

 トムヤムクンペースト。この開発に全てがかかってます。この小袋の開発に、どれくらいの企業努力がかけられているのか。先日の日経新聞で、民間企業の研究開発費の増加が記事になってましたが、こんなところにも日本産業界の意気込みが感じられます。
 

f:id:TOMASSOON:20180727195323j:plain

f:id:TOMASSOON:20180727195324j:plain
f:id:TOMASSOON:20180727195325j:plain
 


 上蓋をペリペリと捲ると・・・どことなく、日清さんのカップヌードルらしい乾燥した風景が広がる。特に玉子はまさに日清!。チキンラーメンカップにも見られるアレですね。乾燥の小エビもカップヌードルで見かけるおなじみさん。しかし違いがあるのは、粉末スープ。カレーとも違うゴツゴツした乾燥粉末がいい感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20180727194825j:plain

 
 
 沸騰したお湯を、指定のラインまで注ぎ、指定の5分しっかり守った。その完成形がこの麺顔。おいおい・・・・お湯を入れすぎたのか!?
 

f:id:TOMASSOON:20180727194839j:plain

 

 そこから箸を入れて、カップの底に落ち込んだ粉末スープをグイグイとねじ上げるようにかき回します。そしたら随分とスープカラーと雰囲気が変わってきた!。まさにエスニック!
 

f:id:TOMASSOON:20180727194840j:plain

 

 小袋のトムヤムクンペーストを入れるが、案外・・・量が微妙に少なくて、これで本当にトムヤムクンで楽しませてくれるんかい!不安になる。しかしそれは老婆心でありました。
 
 
 これは亜熱帯アジアンカップ麺そのもの!。見栄え以上に味わいで後半盛り上がりました。そのポイントは2つあります。
 
 
1)豚骨エキスがまるでココナッツミルクのようなコクに変化!
 
 パクチーの味わいは想定内。豚骨は動物系の旨味の庶民的代表だから、それとのコラボも分かる。そんな気持ちで食ってたら、豚骨がココナッツミルクに思えるような、円やかさを感じてしまいました。ココナツミルクが入っていたのかと、原材料を確認しましたが、見当たらず。老眼ゆえに見逃してただけならごめんちゃい。ちょっとオーバーな例えだとしても、ココナッツのコクに、豚骨の旨味を、計算してダブらせたとしたらそのセンスには脱帽!。
 

f:id:TOMASSOON:20180727194841j:plain

 
 
2)透明感あるモチモチ麺!後から気づくノンフライ麺!?
 
 上蓋をめくったときは、全く気がつかなかった。最近のカップ麺は、フライ麺も侮れない。むしろフライ麺の方が、カップ麺たる旨さが深いと思う時すらある。しかし、箸で麺をリフトしたとこの、艶やかな表情とその透明感には、正直驚いた。
 

f:id:TOMASSOON:20180727194842j:plain



 
 
「SEVEN&i プレミアム」戦略の一品。「SEVEN&i ホールディング」さんと「TOYOTA」さんと一緒に仕事をした経験ある方ならわかるかもだが、求める要求レベルがすごいよね。こちらも毎度勉強になると思っておりますが、プライベートブランドにかける意気込みは、今回も伝わりましたよ。プロジェクトでは力不足だったな・・・・と、この一杯を食い、いろんな思いを噛み締めながら味わいました。
 
 
 今回もごちそうさまでした!。個人的には、勉強の一杯でした。あざっす!