カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺155】 SEVEN&i PREMIUM すみれ 唐玉味噌 (日清食品)

 
 この日は朝から忙殺状態で、正午から一時間単位で打ち合わせが夜まで続きます。ラーメンどころではなかったので、外から戻る際にコンビニでサクッとカップ麺を頂くことにしました。出先のコンビニで、イートインコーナーがある店が少なくて、結局セブンイレブン。ここでは、セブン共同開発ブランドしか置いてない場合が多いので、いつもの定番をいただくこととしました。長年、セブンイレブンのインスタントラーメンコーナー棚で、陳列スペースを維持続けている「すみれ」のカップ麺です。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110135j:plain

 

 縦長カップと、丼カップと両方あったんだけど、比較的安い縦長のほうを今回はチョイス。213円(税込)です。
 
f:id:TOMASSOON:20181116110153j:plain
f:id:TOMASSOON:20181116110207j:plain
 


 「特製唐玉ペースト」の小袋を確認!。たぶん唐辛子の意味だと思うが、玉っていうのがちょっと意味がわからなかった・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110141j:plain

 

 いつものようにペリペリと蓋を剥がすと、なかなかしっかりしている印象あり。まず乾燥もやしが入っており、味噌ラーメンの迫力を伝えんと感じます。たま肉は、謎肉じゃなくて普通に細切れ肉を連想させるものであり、これはこれで楽しみ。しかし圧倒的にアピールするのは味噌粉末スープ。このジットリとしたこげ茶色が期待を更に高めます。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110148j:plain

 

 今回は、ちゃんと店に備え付けのポットのお湯量と温度を確認!。98度のお湯を指定されたラインまで投入し、待つこと5分。できたての麺顔はこんな感じでした。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110342j:plain

 

おおお!実は想像以上の迫力!。はやり野菜トッピングがしっかり感じられる
 
 それに味噌粉末スープが1度で完全に溶け切っているのがナイス!。
そのまま食おうと思った焦りを制し、唐玉ペーストを投入。薬味ネギの緑と補色関係なので、際立つ存在感。でもたったこれだけ???。いやいやこれだけで実は十分な辛さを感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110350j:plain

 

実はサラサラしていた味噌スープ。しかし味わいはとても濃厚そのもの
 
 ベストな湯量でした。もっと後から喉が渇きそうなカピカピした味噌辛さかと思いきや、マイルドな濃ゆさゆえ、ゴクゴクと飲み干せるいい塩梅。そこにシャープなようでズドンとくる唐辛子ペーストが効果を発揮して、刺激で興奮させた上に、食べごたえまで感じさせてくれます。野菜トッピングとの相性も抜群。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110412j:plain

 

馴染みのある縮れ麺。カップヌードルよりは密度感があるような歯応え
 
 それでいてスパスパと小気味よく切れ込みます。湯戻しの際に、味噌スープを吸い込みますから、すでに浸透した味わいが旨い。味噌に染まったかのような褐色ボディーが実に旨そうであり、実際に旨いのです。縮れも啜りの刺激を楽しませてくれて実に快感。BIGカップなんかあればぜひ購入したいと思える質感でした。
 

f:id:TOMASSOON:20181116110401j:plain

 

 
 何だかんだで完食完飲!。やはりセブンプレミアム系列はハズレがないねー。しばしプレミアムコーヒーを味わいつつ、つかの間の休息を凄しました。嗚呼・・・・この後しんどかったわー。ともあれ本当にごちそうさまでした!