カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺152】SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋 監修 麻婆麺(明星食品)

 近年になって「麻婆麺」「麻婆ラーメン」が突然脚光を浴びているように思えるのは私だけでしょうか。ひと昔前には探すのにも少し苦労したジャンル「麻婆麺」。それが今や専門店がパラパラと都内では出てくるようになりましたね。個人的感覚では、どうも「新潟5大ラーメン」が「8大ラーメン」に拡大し、ここに麻婆ラーメンが加わったのが、脚光を集めるキッカケになったのでは???と妄想しております。ともあれ、元からの麻婆麺ファンとしては嬉しい限り。そんな麻婆麺の中で、東京で一番注目を浴びているのが「SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋」。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074416j:plain

 
 銀座にあります。アップルストアの裏側を目指すといい。そこの監修カップ麺とあれば、見つけて速攻で買うしかありません!。ちなみに実食のレビューは以下の通り。
 

 
 例によって上蓋トップにあった後入れ香味油を剥がす。だいたい本物知ってるから、入っているのは辛味と想像ができます。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074422j:plain

 
f:id:TOMASSOON:20181108074545j:plain
f:id:TOMASSOON:20181108074558j:plain
 

 

 上蓋を半分剥がしてみてみると、おおお!今回は嬉しいと思わせる乾燥豆腐の白さが眩しい。それに反して麻婆のスープの元が深い茶色と香辛料の明るさで、味噌と変わりない深みを感じさせます。また挽肉の粒が大き目で、薬味はネギではなくニラであることが、ちょっとした拘りを感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074430j:plain

 

 お湯を注いで4分待った姿はこんな感じ。おおお!何とも豆腐がふっくらと再現しておりますし、これは旨そう!。挽肉だってふわふわ感を見せつけます。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074612j:plain

 

 ここに香味油小袋を入れると、辣油と思ってたら豆板醤っぽい物体。これはこれでなかなか風味が高そうでよいね。色も合ってる感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074710j:plain

 

 スープがカップ底に抜け落ちて溜まっているので、あとは箸で麺を解すと同時に、まくりあげるようにスープを全体に行き渡らせて、ようやく完成です。まずはスープを味わいますが、これは一口めで旨い!と分かりやすい刺激感。麻婆餡のニュアンスをしっかり伝える他、唐辛子感も分厚く感じるし、何にもまして花椒のジリジリ痺れが常識的範囲ではあるが、ズドンと響く。嗚呼この時点で、固形物食い終わったあとは、できることなら白飯か塩むすびでも投入したいと思えてしまう。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074722j:plain

 

 麺はフライ麺でも太いタイプ。モチモチというより、見た目よりはライトで食べやすい。やや刺激的なスープを受け止めるボディを感じさせながら、プツプツと歯切れよい感じが好印象だし、ふわふわ豆腐と混じって食っても喧嘩しないような気がします。量も満足できる感覚で、本物を出来る範囲で再現したのが良く分かります。ともあれ銀座に滅多にいけない私としては、こんなカップ麺企画には大変救われる!。
 

f:id:TOMASSOON:20181108074727j:plain

 

 今回も明星食品さんの企画力開発力には感謝!そして本当にごちそうさまでした!。
 

明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺 98g×12個

明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺 98g×12個