カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺177】 蟻月 博多もつ鍋風ラーメン 濃厚にんにく白みそ仕立て(明星食品)

東京・大阪・福岡で人気のもつ鍋の店!評判の白のもつ鍋の「〆ちゃんぽん」を商品化?
 とある外出途中でセブンイレブンに立ち寄ったところ、「蟻月 博多もつ鍋風ラーメン」なるカップ麺を発見。山積みしてありましたが、セブンイレブン限定なんでしょうか?。他のチェーンでは見かけない記憶なので、早速購入。イートインが無かったのでそのまま持ち帰りましたが、買ったのを失念しておりまして、1週間以上ストックとして放置してしまいました。早朝出勤で思い出しまして、ちょっと朝飯買うのもじゃまくさくて・・・・朝飯していただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073104j:plain

 
 
 蟻月・・・存じませんで、ネットで調べてみたら、結構有名なんですね。もつ鍋を東京・大阪・福岡で展開とか。ホームページの情報では、〆のちゃんぽんがおススメ・ご自慢らしく、きっとそれをコンセプトにしたカップ麺なんじゃないかなと、そう感じながら実食スタートです。
 
f:id:TOMASSOON:20190208073114j:plain
f:id:TOMASSOON:20190208073127j:plain
 

 
 いつものように上蓋をペリペリと剥がすと、小袋2つが出てくる。液体スープと調味油。どちらも粘度が高めみたい。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073150j:plain


 
 そしてカップの中身ですが、乾燥のフライ麺がぎっしりと詰まっており、その上には粉末スープが既に大量にかかっている。そして、この商品の真骨頂「もつ」の乾燥肉がごろごろと転がっております。これは期待ですね。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073138j:plain

 
 
 今回は熱湯5分のタイプ。きっちり茹で上がりをまった直後の麺顔は、こんな感じで色鮮やかでありました。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073321j:plain

 
 
 
 
予想以上にパンチ有!ニンニクの攻撃が白みそを上回る感覚!!
 
 ここれは・・・・朝から、ブレスケアとクロレッツを多用せねばなるまい。確かに表装には「にんにく」と書いてあったが、「白みそ」のはんなりとしたイメージも合わさり、マイルドな仕立てと思ってたが・・・・かなりにんにくのアピールが強い。これは朝飯としては誤算でしたが、もつとニンニクというコンビの魅力が上回ってしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073330j:plain


 
 そして後入れスープと調味油を投入。白みそと、ラード系の旨みオイルみたいで、少しだけごま油の風味が効いてます。ここだけ注目するとかなり濃密なスープに見えますが、実際はすこしさらっとしていて、シャープな印象がありなむです。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073342j:plain

 
 
 白みそは風味程度で、個人的にはベースの動物系の旨みが主体。塩系の旨みがもつのイメージに連動します。もつは牛と思われますので、牛スープ系でしょうか??。インスタントにしてしまうとそこまで明確に分からんのは、私の駄舌ゆえかもしれませんがあしからず。ともあれ動物系の土台がしっかりと、かつあっさりと、バンランスよくていい塩梅。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073353j:plain

 
 
 鷹の爪のアクセントもいい感じ。これがあってこその「もつ鍋」感でしょう。ニンニクともよく連動しますし、すっかり朝気分ではなくなってきました(汗)。
 
 
 
汁を吸い込みがちなフライ麺!鍋〆投入のイメージに合うかと!
 
 熱湯5分というタイプなので、もっと密度感あるもちもち多加水系のイメージかとも思ったのですが、いい感じ汁を吸い込むタイプで、全体まとまりを感じました。うがった見方をすれば、よくあるタイプのスパスパ感覚。汁が独特なので、少し時間を置いて汁を吸わせたほうが特徴がつかめるかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073404j:plain

 
 
 やはり5分タイプは、汁を吸い込んだあとも伸びもせず。しっかりと風味と形態を保持して、縮れの感覚を崩しません。なのでズボボボっと軽く啜っただけで、口当りが躍るような食感が最後まで楽しめました。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073436j:plain


 
 
ちゃんと「もつ」がしっかりしていてコンセプトと充実感は確か!
 
 具材は、さすがしっかりしてました。税込235円という設定で、すこしお高めな設定でしたが、感想ニラの量もそうとうあったし、赤トウガラシのインパクトもさすが。ニンニクとしっかり対峙し受け止めておりました。またもつは、豚もつだと思いますが、これもしっかりと「グミ食感」が楽しめました。コンセプトをしっかりと踏襲しているところは流石で、食ったあとも「もつラーメン食った!」という満足感を確保します。
 

f:id:TOMASSOON:20190208073448j:plain

 
 
 
 
 冒頭でニンニクで怯みながらも・・・・なんだかんだ言って完食完飲。ブレスケアとクロレッツに加えて、濃い緑茶で口と胃袋の中を一掃して対策は完璧。匂いバレずに済みました(爆)。健康考え、野菜ジュースも飲んだりして・・・もう朝から腹パン。業務に勤しみましたとさ・・・。
 
 
 今日もご馳走様でした。そしてサンヨー食品さんの商品企画&開発力にも感謝!。また期待してます!!